サプリメントや、にんにく卵黄、ローヤルゼリーなど、健康食品についてのホームページです。

サプリメントと元気になれる?健康食品たち
  • TOP
サプリメントにんにく卵黄ローヤルゼリー
  • サプリメントとは?
  • サプリメントが必要なワケ
  • 野菜があればサプリは不要?
  • 安全性について
  • にんにく卵黄について
  • にんにく卵黄レシピ1
  • にんにく卵黄レシピ2
  • 教皇を救ったローヤルゼリー
  • ローヤルゼリーとは?
  • ローヤルゼリーの成分

トップページ>教皇を救ったローヤルゼリー。

教皇を救ったローヤルゼリー。

世界的にローヤルゼリーが、健康食品としての脚光を浴びたのは、1954年のことでした。当時のローマ教皇であった、ピウス12世が老衰によって危篤状態に陥った時に、
その医師団の一員であった”ガレアジイ・リシー”という人物がローヤルゼリーを投与してみたところ、その後、ローマ教皇は驚くべき回復ぶりを示し、無事生還することができたことをキッカケとして、ローヤルゼリーの効能・効果が世界中に知れ渡ることになりました。
同時に、このローヤルゼリーの効能に関して、各国の科学者達が、ローヤルゼリーの研究を開始し始めたのです。 ( ただし、現在においても栄養補助食品としての効果を裏付けているような、科学的研究の発表はなされていません。)

このように、ローヤルゼリーが評価されたのは、まだまだ最近・・ということもいえるのですが、
実は紀元前の哲学者・アリストテレスの著書の中で、ローヤルゼリーこそが、女王バチを生み出すための、魔法の鍵である・・と記しており、そのローヤルゼリーの有用性は、紀元前より知られていたということになります。

しかし、そもそもローヤルゼリーという名をよく聞きますが、漠然と「健康に良い」と、サプリメントのような使われ方をするもんだと考える人は多いと思います、
ですが、実は、ローヤルゼリーは、かなり奥の深いサプリメントともいえるのです。

ここからは、そのローヤルゼリーについて、取り上げてみたいと思います。

おすすめWEBサイト 5選

講談社
http://www.kodansha.co.jp/

2015/12/21 更新

ローヤルゼリー

自然の状態においてローヤルゼリーを生産するには、量があまりに少なすぎて、わずかなローヤルゼリーしか生産できません。ローヤルゼリーの原料になるのは、ミツバチが集めてきた花粉です。この花粉を、ハタラキバチがその体内で消化、分解、生成した後、下咽頭腺と大あご腺から分泌したもの・・・それがローヤルゼリーなのです。 ローヤルゼリーは、ハチの幼虫や若いハタラキバチ・そして、女王バチの生涯摂取してゆくものとして知られています。
私たち人間にとってのローヤルゼリーは、自律神経のバランスを整える作用があるとされるアセチルコリン・そして、女性ホルモンの分泌を助ける作用のアミノ酸・類パロチンという、若々しさを保つ作用を果たす成分が含まれていることで、健康・そして美容に役立つといわれています。こうしたことから、ローヤルゼリーは女性に人気があるサプリメントではないでしょうか。ローヤルゼリーは、1950年代、当時のローマ教皇が病に伏している時に、当時の医師団の一人がローヤルゼリーを投与したことで脚光を浴び、世界中の研究者によって、その効能が研究されています。